Amazonで売れてる!?『ston(ストン)』の画像や吸い方をレビュー!|加熱式たばこを辞めたい人にもおすすめ

カフェインGABAが含まれる蒸気を吸って香りが楽しめるストン。

リラックス効果もあります。

小さいサイズ<本体縦の長さ約5センチ>ながら十分に吸えるデバイスです。

また、タバコだと依存性のあるニコチンや身体に悪いとされるタールを吸いますよね。

ストンはニコチンもタールもゼロ

ですのでタバコではありません。

ston(ストン)は国内唯一のたばこ会社「JT」の関連会社「BREATHER」が発売。

Amazonで購入ができ、発売からすぐに品薄・在庫無しになった話題の商品です。

禁煙を始めたい!禁煙中だけど口さみしい・・

禁煙に向けて徐々にたばこを減らしたいという方にもおすすめ。

イメージはストンコンセプトムービー▼をごらんください。

 

ston/ストンのメリット

まずはストンのメリットからです。

以下のようなメリットがあると思います。

加熱式タバコや紙巻きのたばこと比べたときのメリット▼

  • コスパが良い(1本で250回吸引可能)
  • 蒸気の量が少なく、臭わない。(香りはあります)
  • リラックス効果がある
  • カフェイン配合で集中効果も期待できる(?)
  • 健康的

※四番目の集中効果ですが当然個人差があるためはてな・・・を付けました。

逆にデメリットは本体が結構な値段するところ。

税抜きで6,000円です。

紙巻や加熱式たばこなどのサブとして吸うには少し高い印象ですね。

ただし、一度本体を買ってしまえば取り付けるカートリッジは安いのでコスパはいいほうだと思います。

(カートリッジはのちほど説明)

またフレーバーが現状2種類しかないので物足りないという方はニコチン・タールなしのべイプをおすすめします▼

くわしくはレビュー満載の人気サイト『ベプログ』をのぞいてみてください▼

ベプログ

ストンはAmazonで買える。価格は6,000円。

価格は6,000円ですが、どこで売っているのかというとAmazon(アマゾン)です。

カラーは4種。

バリュエーション
1.月白 2.浅葱 3.茜 4.鉄紺

安っぽいデザインではありませんね。

Amazon’s Choiceのマークがついておりプライム会員であればもちろん送料は無料。

すぐあとでカラー浅葱あさぎ(緑と青を混ぜたような色)のデバイス本体をお見せします。

Amazonで購入するときは品薄・品切れに注意!

発売スタートは2019年末で、品薄が続いていました。

人気商品ですね。

現在は2020年1月初め時点ではすべてのカラーで在庫ありを確認。

本体に取り付ける吸うためのカートリッジも在庫がありました。

 

ston/ストンのデバイスや専用カートリッジの画像や使い方

ここからは僕が購入したときの本体やカートリッジ、付属部品について写真を載せます。

箱は円筒型、上部は透明ケース▼

開けるとまず本体があります▼

表面はマットなアルミボディ▼

卵型にアレンジをくわえた形でデザイン性があるのがストンのひとつの特徴。

本体は手で簡単に2つにできる▼

ほかにも説明書や充電器が一緒に入っています。

あとは別売りでカートリッジを買うだけで吸えますよ。

マニュアル書・保証書などを除く主なものは3つ▼

(左から本体→専用クレードル→USBケーブル)

※保証書は取扱説明書と一緒になっています。最後らへんのページにありますよ。

まずは本体を充電する!

スタートするにはまず充電をしましょう。

本体の底に挿し込み口があります▼

クレードル(置き台)・ケーブルをつなぎます。

通電すると台の底が下の画像のように光ります▼

光が消えたら充電完了のサインです。

USBケーブルを直接本体につないで(台なしで)充電することもできますので外出先で充電するのにも便利ですね。

別売りのカートリッジを装着

本体だけでは吸えないので別売りのカートリッジが必要になります。

これもAmazonで買うことが可能。

下にあるのは2種類のフレーバー(カートリッジ)のうちCALM▼

このスティックには3本のカートリッジが入っています。

(つまり1本で250回分吸えるので3本で計750回吸引可能)。

1本取り出したら本体に付けていきます。

本体を2つに分けて穴があるのでそこに回しながら挿し込み▼

吸い始めにやること
  1. 充電
  2. カートリッジを取り付ける
  3. 約1秒間に2回軽く吸う(→起動)

3番目はコツが要ります。

1回目吸ったら唇をいったん離して素早く2回目を吸います。

吸っている間ランプが点灯するようになれば起動成功▼

逆にランプが素早く点滅するようであれば失敗なのでもう一度起動のための2度吸いを上記要領でおこなってください。

 

ston/ストンのフレーバーを吸ってみた感想

日々たまるストレスの解消にもぴったりなストンですが、

公式サイトには『一息で、ひと休みをあなたの力に。』というコピーがあります。

一区切りついたときに吸うだけでなく、自宅で休んでいるときに吸うのにぴったりです。

 

フレーバーは2タイプ▼

  1. CALM/カーム
  2. POWER/パワー

カームはGABA配合ココナッツフレーバー。

パワーはカフェイン配合ミントフレーバー。

パワーに関してはミント味でとても吸い心地がすっきりしています。

いっぽうカームはココナッツといっても甘ったるくはなく、割とあっさりとした蒸気を吸います。

蒸気の量も少なめ。

カームもすっきりとした味わいです。

GABA(ギャバ)とカフェイン
どちらも物質。ギャバ入りのチョコも売っているので知っている方も多いと思います。ギャバはストレス緩和などリラックス効果あり。カフェインは目を覚ます作用、集中効果があるといわれています。
蒸気量の多いべイプを吸うと舌に膜(まく)ができたような感じになることがあります。

また紙巻たばこは何本も吸うと口の中が臭います。

ストンは繰り返しますがすっきりとした感じなので、

吸った後はさわやかです。

  • あっさりしているけどスカスカではなく吸いごたえもそれなりにある
  • 加熱式タバコとはだいぶ味や吸いごたえが違う
  • しっかり吸うことで蒸気量の調節が可能

さいごの蒸気量ですが、強く吸うことでだいぶ蒸気量も増やせます。

逆にゆっくり吸えばあまり蒸気はでません。

蒸気が見えにくい吸い方もあるので興味のある方は次の項目を見てください。

 

蒸気が見えにくい吸い方って何?

説明書やBREATHERの公式サイトでは『蒸気が見えにくい吸い方』というのが紹介されてます。

これは口から吐く煙状の蒸気がほとんどない(見えない)状態をいいます。

はたからみて吸っている感を出したくないときに使ってください。

やり方はいたって簡単。

下にある動画にもあるとおり、

吸った後すぐに空気までも一緒に口の中に取り込むような感じです。

【POINT:吸引したあとにさらに空気を含む】

まとめ

少々長くなりましたのでポイントをまとめます。

あとタバコでないのですが20才以上からしか吸えませんので注意してください。

※妊婦の方はとくに「パワー」に関してですがカフェインが含まれるため気をつけてください。

  • JT関連会社BRETHER(ブレザー)が6,000円でAmazonを通し販売
  • Amazonで人気の商品になった
  • ニコチン・タールなしの蒸気を吸う(フレーバーは2種類のみ)
  • 加熱式タバコ(アイコスやグロー等)と違ってタバコ葉が入っていない
  • 本体とは別に専用のカートリッジを買って吸う
  • カートリッジを本体に付けたら最初に2度吸いで起動をする必要あり
  • 吸っている間は本体ランプが光る

ston(ストン)はあたらしいタイプの吸引デバイス。

気分を変えたいとき、

休憩したいとき、

禁煙にむけて準備がしたいときなどにおすすめですよ。

また、もっとほかのフレーバーが吸いたい、紙巻や加熱式は嫌だという方のために、

べイプが買えるサイトも紹介しておきますね▼

(ご覧になる際は下の画像をタップ!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です