プルームテック・プラスの味・デザイン・S(エス)との違い|コンビニで買える電子たばこ

プルームテック・プラス2,980円で買えます。

IQOS/アイコスやglo/グローとは大きく違った味で、

どのフレーバーも甘めなのが特徴。

(紙が燃えた臭いはありません)。

空気をあまり汚さず部屋で気軽に吸えるのがいいですね。

ここではデザイン吸った感想と後続で発売されたプルームSとの違いまでを書いています。

・プルームSは紙巻きのスティックを挿して吸うもの

・プルームテックプラスは液体の入ったカプセルを使用

どちらもニコチンあり

プルームシリーズはJTの商品。

最初にプルームテックが出て、そのあとにプルームテックプラスが出ました。

 

プルームテックプラスをコンビニで入手。デザインは?

デザインは細長く、ペンと同じくらいの長さ▼

下の写真ではカプセルを装着しました。

<長さ15センチくらい>

スターターキットといって充電器一式入った箱がこちらです▽

開けると機器本体が出てきまして、

2つのパーツが写っています▼がこれをつなげて使いますね。

中には別売りのカプセルを入れないと吸えません。

それもコンビニでもちろん売っています。

充電器はコンセントまでついていますし、保証書・使い方のわかる説明書も入っています。

 

コンビニで買えるカラーはブラック(黒)・ホワイト(白)。

ただ他にも8種以上のカラーバリュエーションがありますね。

本体はたばこ臭くなりませんし、ペン型でコンパクトなのでカバンに入れるのも抵抗ありません。

最初は充電が少ないので充電しましょう。

 

プルームテックプラスを吸った感想・レビュー|蒸気量多めで吸いごたえアップ!

さきほどの本体にフレーバーをセットしてみます。

まずレギュラー味のカプセルを用意▽

1箱で500円です。

セットしてみます▽

吸ってみます。

プルームテックを吸ったことのある方ならわかると思いますが、

吸いごたえはたしかにアップしていますね

 

テックプラスのPOINTは・・

・加熱温度が前作のプルームテックよりも10℃高い

・リキッドの量が多いので蒸気量もアップ

・カプセル内のタバコの葉も増量!

 

アイコスやグローの匂いが嫌いな人、べイプが好きでニコチンを摂取したい人にはおすすめです。

 

プルームテックプラスとプルームS(エス)の違い

次にプルームS(エス)との違いについて。

プラスの後続発売となったエスですが吸った感じは明らかに違います

エスも甘みはあるのでどこか似た部分もありますが、

まずエスはリキッドを使いませんし蒸気量は断然プラスのほうが多いですね。

 

エスの本体▽

 

プルームテックプラス専用のカプセル▽

 

まとめ

プルームテックプラスは・・

  • コンビニで買える
  • 値段は2,980円する(充電器付)
  • 前作のプルームテックよりも蒸気量が多い
  • 吸いごたえもアップ(タバコ葉も増量)
  • ニコチンが摂取できる
  • 別売りでカプセルを買わないといけない(フレーバー)

 

ほぼ無臭で匂いを気にしなくても済みます。

価格も2,980円とそこまで高い商品ではありませんよね。

反対にたばこ代(1箱5カプセル)は500円するので吸いすぎればお金はかかってきます。

ついつい吸いすぎてしまう方はセーブするか、

プルームエスのほうと兼用するのも悪くありません。

プルームエスについてはこちら▽

プルームテックの新しい機種【プルームS】を吸った感想や匂いをレビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です