プルームテックの新しい機種【プルームS】を吸った感想や匂いをレビュー

半額だったのでスターターキットを買いました。

JTから出た加熱式の電子タバコ、

プルームS」です。

紙巻きのタバコと違い、臭いが手につきません。

プルームテックとだいぶ味が違いますね。

吸った満足感、たばこのコクはプルームSのほうが断然ありましたね。

「アイコスの匂いが強すぎる」や「プルームテックの味に飽きた」方は買いです。

 

細かいですが、プルームSはタバコ葉使用の加熱式たばこ。電子たばことはちょっと違います。電子たばこはタバコ葉を使ってません

プルームSは臭くないのか?気になる匂い

しばらく個人的な感想が続きます

自分が気にするのは「ニオイ」。

紙巻きたばこの嫌な臭い。

10年以上吸っててもたまに「なんか嫌な臭いだな、くさい」と感じることがありました。

(紙が燃える臭いでしょうか、葉に混ざった添加物でしょうか、わかりませんが)

しかも人目が最近では気になるので、

煙が臭いタバコはたとえ喫煙所で吸うとしても吸いづらいですね。

プルームSですが、そもそも煙は出ないし(出るのは蒸気)臭くはありませんでした。

部屋でも吸えるレベル。

Amazonなどのレビューを見ると、

「臭い」「独特な臭いがする」といったものがありましたけど、アイコスより匂いが控えめで臭くはないですね。

「紙巻きたばこよりも断然臭くない、匂いは控えめ」

明らかに紙巻きたばこよりも匂いがしません。

感覚的にいうと匂いの強さは20分の1。

そもそも匂いからして違いますね。

ほかの加熱式たばこもそうですが、

「焼き芋の匂いがする」

「トウモロコシの匂いがする」

といった感想もありますが、それに近いものがあります。

プルームSを半額で買った(2019.9月終了)

半額キャンペーンが終わったのは残念です。

定価は7,990でほぼ8千円。

個人的に微妙な値段ですね、

一瞬高いとも感じますが、

長く使えそうなのと本体の質感などが良いのででそこまで高くないとも思えてきます。

アイコス(2.4plus)も6千円くらいで買えますが定価1万円超えるので、

他と比べてもそこまで高くはないですね。

今回は白(ホワイト)を購入。

買うなら黒と決めてましたが、

家の近くのローソンで売り切れだったので結局、白にしました。

白は汚れやすいのではないかと気にしていましたが、

買って1ヶ月だけですが、今のところ汚れは目立ちません。

全体的なデザインとマットな質感から白でも安っぽい感じでないですね。

黒の画像はありませんが、

黒もなかなかいいです。

写真のとおり長方形ではありません、丸みを持っているのでソフトな印象を受けますね。

プルームSとプルームテックとの違い

プルームSの前にJTからはプルームテックという電子たばこが出ていました。

吸ってるよという人もいるかもしれません。

プルームテック→プルームテックプラス→プルームSの順にリリース

さいごのプルームSだけ高温加熱が特徴。

プルームSだけ別物といってもいいかもしれません。

Ploom TEC/プルームテックはスティック状▼

プルームSとは形が違いますね。

一番違うところは味と吸うものです。

プルームテックの味は甘みが結構あります。

レギュラーでぶどうのような甘み。

(私の感想です)

プルームSは甘さがかすかにあり、コクがプルームテックより増しました。

 

吸うものはぜんぜん違います。

プルームテックはリキッドタイプのたばこカプセル▽で、

プルームSは紙巻きのたばこが短くなったような『たばこスティック』▽

このミニサイズのボックスは480円。

小さいから高く感じますね。

コンビニでも買えるプルームSとそのスペック

コンビニに行けば手に入ります。

色はホワイトかブラック。

ただ、

白と黒以外もありますよ。

ポップな感じのカラーです。

かわいい感じですが、割と万人受けするようなカラーではあります。

※このほかにもカラーはあります。たしか全部で8種類ほどです。

箱がこれ▼

重みがありスマホが入ってる箱のようです。

開けてみます▼

本体がすぐに見えます。

質感はマットな感じで白もなかなか良い感じです。

ツルツルはしてません。

手触りはサラサラ。

手に持ったときもアイコスやグローのような硬い感じがしなくて良いですね。

 

スターターキットなので一式入ってます。

充電しながら使うので本体だけ買っても使い続けれません

本体に充電器や保証書▼

入っているのはこの3点。

あとは別売りのたばこスティックを買うだけで吸える準備ができます。

 

スペックはこちら。

  • 充電時間は約90分
  • 質量は95.1g
  • 1本で14パフ(or約3分半)
  • 加熱約200℃

 

アイコスやグローとタイプが似ていてスティックを挿して機械で温めるものです。

グローよりは40℃低い加熱温度。

高温になればなるほど刺激は強くなります。

ベイプみたいにリキッドを温めてニコチンとかタールが入ってないものを吸いたい方は買わないようにしてください。

(試しに吸ったみたいなら別ですが)。

ニコチン0で臭いを抑えたベイプはこちら▼のレビューを参考にしてデザインを選ぶといいですね。

デザインがいろいろありますし、

プルームSほどお金がかかりません。

↑国内最大級のリキッドデータベース。

6万超のレビューがあります。『ベプログ』。

 

プルームSのたばこスティックを吸った・使った感想

約1ヶ月吸ったのですが、印象は、

・レギュラーテイストは美味しい

・もうちょっと他のフレーバーも試したい

・手入れが面倒

・匂わないし吸いごたえがあるので長く使えそう

こうやって吸います▼

デバイス(本体)の上のカバーをスライド。

たばこスティックを本体の上に挿します。

ボタンを押します▼

加熱スタート。

これで吸える状態になってだいたい14回吸えます。

印象について補足を▽

メンソールが好きな人にはうってつけです。メンソールタイプが4種類中3種類あります。個人的にメンソールはたまにしか吸わないのでレギュラーテイストが美味しく感じました。現状4種類なのでもうちょっとフレーバーの種類が増えればいいかなとも思います。手入れは別売りのブラシでやります。買うのが面倒です。プルームテックより喫煙してる感じがあり良いですね。

 

たばこスティックの種類は4種類(風味)

メンソール系はほぼ吸わないのですが、

メンソール(パープル)は美味しいですね。

ほかのフレーバーも試したいと言いましたが、

人によってはメンソール系とレギュラーの二系統でも充分と言えば充分かもしれません。

少し変わったフレーバー(ストロベリーやパイナップルなど)は飽きがきますしね。

プルームテックからさらに満足感が欲しい方は購入して損はないかもしれません。

  1. メンソール
  2. メンソール・クールエフェクト
  3. メンソール・パープル
  4. レギュラーテイスト

プルームS専用のもので20本入り。

プルームSが買えるところ(店)

コンビニ以外でも買えます。

まずJTのサイトですね。

https://www.jti.co.jp/

そしてAmazon(アマゾン)等。

限定カラーもあります。

まとめ

プルームSの紹介でしたが、

「控えめ、かつ美味しい」というのが感想です。

デバイスは安っぽくないです。

喫味の強さや刺激を求める人には不向きかもしれません。

ただ最初に言った匂い控えめなのが良かったです。

ゆったり吸うのに良い加熱式たばこです。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です