ビタミンなど美容成分配合の電子たばこMARQUIS(マーキス)をドンキホーテで買ってみた

ドンキホーテで電子たばこのコーナーを見ていたら、今まで見たことない電子たばこがラックにかかっていました。

今、VITAFUL(ビタフル)とかビタミンが吸える電子たばこも数多くあって、

ドラッグストアにも置いてたりします。

それに似たやつで、今回レビューするのが電子たばこのマーキス。

フレーバーというか味も何種類かありましたが、【たばこ風味】というのにちょっと興味が出ました。

パッケージも目を引いたので購入してみました。

500回吸えて、価格も990円と安かったです。

ドンキホーテには電子たばこがたくさんある

今はどこの店舗にも電子たばこが置いているそうです。

プルームテックも取り扱いを開始したそうで、

ベイパーと呼ばれる蒸気を吸う電子たばこがいろいろ売っています。

充電式のやつや、1本吸ったら捨てる使い捨てのものまで、取り扱いの幅は広いですね。

今回の電子たばこ「MARQUIS」は使い捨てのものです。

禁煙中の口さみしさを紛らわすため、吸ってみるというのもありですね。

たばこの葉も入っていないし、もちろんタバコではないし、煙も出ませんからね。

Amazonや楽天で検索をかけてみましたが、マーキスが見当たらかなかったので、もしかしたらドンキなど一部のお店でのみの取り扱い

になっていると思います。

電子タバコとは
はっきり意味が決まってるわけではありません。ざっくりいうと、電気でリキッド(液体)を加熱して、液体が蒸気になるのでその蒸気(ミストとかべイプともいう)を吸うもの。フレーバー・香りを楽しむもの。たばことつくので紛らわしいのですが、たばこの葉は入っていません。

電子タバコMARQUIS(マーキス)を開封してみる

箱ごとにテイスト・フレーバーが違っていて、3種類ありました。

クールなデザインですね、値段相応のデザイン・箱の作りですが、

そんなに安っぽい感じはしません。

どこの会社が作ってるんだろうと思い、箱の裏を見ると輸入発売元アドミラル産業株式会社とあり、中国製のもののようです。

販売しているのはまた別の日本の会社です。

会社のホームページへいくと、電子たばこに関する事業をやっているようで、

今のところ商品に関する詳細は見れませんでした。

では、さっそく開封▼

ビタミンA・B1・C・E、そしてコラーゲン、プラセンタ、コエンザイムQ10が入っているよというシールが貼ってます。

どれも食品や化粧品だったり美容のためのドリンクなどに入っている成分ですね。

中にはスティックが一本入ってます。

このスティックの中には先端にLEDランプ、そしてリキッド、加熱装置が入ってますね。

先端には黒いラバーチップがついていて、タッチペンになります(下の画像)。

スマホで試したらちゃんと反応しました。

反対側が吸い口になっていてキャップがついています。

吸わないときはキャップをつけておいたほうがいいですね。

吸い口のほうにはMARQUISと書かれてあって小さな穴が開いてます。

コンパクトで軽いし、どこにでも持っていけます。

蒸気はほぼ無臭なので、車の中でも吸えますし、部屋で吸っても問題なさそうです。

アイコス(IQOS)やグロー(glo)と違って数回吸って途中でやめることができます。

自分のタイミングで好きに吸えますね。

アイコスやグローは一度加熱したら、一定時間あるいは決められた回数吸わないと電源が自動でオフになり、再度スティックを吸うことができません。スティックを新しいのに交換しないといけないですね

吸うと先端部分のランプが赤く光るのがわかります。

MARQUIS(マーキス)のたばこ風味・レギュラーテイストを吸った感想

今回は、

マーキス レギュラーテイスト たばこ風味

を吸いました。

ほかにメンソールとフローズンミントがありました。

吸ってみた感想をいうと、

たばこの風味はします、ただし、たばこの深みはありません。

香ばしい風味ですね、一瞬ベーコンを焼いたような香り・味がありました。

ちょっと肉のような風味もあるのですが、香ばしい感じですね。

燻製のような香りもします。

美味しいのか?まずいのか?でいうと、

よく味わえば美味しいです。

蒸気をある程度の量は口の中に入れて、香りを嗅ぐような感じで吸えばグッドです。

喉へのキック感はないのでとくに紙巻タバコや加熱式タバコを吸ってる人が吸うと、どうしても軽い感じはかなりあると思います。

MARQUISマーキスは1本で約500回吸える、コスパは良い?

吸い終わったら捨てるということでラクです。

吸い終わるまでに約500回吸えます。

使い捨て1本で1000円ちょっととなると高く感じる方もいると思いますが、良心的な値段で味も悪くないので、

コスパはなかなかです。

ドンキでの価格は990円、消費税をいれたら、1060円くらいです。

いちがいに比べれないですが、たとえばプルームテックと比べてみます。

プルームテックはちなみにたばこの葉が使われたタバコカプセルを使って吸うものです。

プルームテックはタバコカプセルは5個入りで1箱490円。

1箱で250回吸える計算です。

なのでマーキスと同じ500回吸うとしたら、2箱分なので490円かける2で980円。

また、同じ系統のたばこビタフルと比べると、

ビタフルは使い捨て1本(500回吸える)が1000円くらいなので、だいたい同じ値段です。

MARQUISマーキスは充電・メンテナンスがいらない

この電子たばこのメリットは、

ニコチンやタールが入っていないので、健康的。

灰や煙もでないので衛生的できれい。

などですが、

ほかにもメンテナンスとか充電する必要がないというところもメリットです。

充電式だと充電が切れて外出先で吸えないということもあります。

とくにクリーナーで本体を掃除しないといけないというのもないのでラクですね。

まとめ

たばこの葉っぱは入ってないですが、未成年者の方は吸えないので注意してください。

また、禁煙の方にもおすすめと書きましたが、禁煙の補助をする製品ではありません。

水蒸気を吸って香りを楽しむのがこの電子たばこの特長ですね。

  • ビタミンなどがリキッドに配合された電子たばこがMARQUIS(マーキス)
  • マーキスにはフレーバーとしてメンソールとフローズンメンソール、レギュラーテイスト(たばこ風味)がある
  • マーキスは電子たばこで、リキッドを温め、気化された水蒸気を吸う
  • マーキスはドンキホーテで購入可能
  • 価格は税抜きでで1本990円
  • 1本で約500回吸える
注意
フレーバーとして3種類あると書きましたが、筆者がドンキで確認できたもののみを記載しています。

もしかしたらほかにフレーバーがマーキスで販売されているかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です