KAMIKAZESTICKカミカゼスティックを吸ってみた|電子タバコ・VAPEのレビュー

どうも、こんにちわ。

今回は、激安の殿堂ドンキホーテでの買い物。

そして最近では電子たばこのコーナーはよくチェックしてます。

前から置いてあったカミカゼスティック。

購入し、試しに吸ったので感想を書きますね。

真夜中にいくと楽しいドンキですが、

VAPE、電子たばこ、葉巻からシガリロ、リトルシガー

キセルまで売っていて飽きません。

僕はたばこバカでいろいろなものを吸いたいタイプ、

今までかなりおいしかったのは意外にもキセル、国産の刻みたばこです。

ただキセルって外で吸うのがめんどいし、人目も気になります。

掃除も面倒なので今は吸ってません。(かなり汚れる)

当サイトではほかに国産のC-TEC(シーテック)も紹介しました。

こちらもカミカゼスティックと同様、面倒なメンテナンス不要で、女性の方にもおすすめ!

興味があれば読んでみてください▼

C-Tec(シーテック)って何?吸ってみたので味などをレビュー|ビタミン入りの電子たばこ

カミカゼスティックは電子VAPE(べイプ)こんな方におすすめ!

使い捨てのベイパーがでるスティックはいろいろありますが、

現在良いのがないか探している、たばこを吸い始めようかと思っている

こんな方におすすめできます。

すでにインパクトのない、したがってまた吸いごたえもない電子たばこがあるのも事実です。

(名指しはしませんが)

あとおいしい蒸気が吸えるVAPEは、アトマイザーなど、高かったりと試すにも気軽に試せません。

ある程度値が張るとあまりハズレもありませんが。

カミカゼスティックは、割とおいしい部類に入ります。

それだけでなく、成分の検査も受けていて、リキッドは日本で作られています。

(スティックの製造などは中国、MADE IN CHINA)。

安心ができるところ、価格もそんなに高くないので、

探している方はぜひ試してみてください。

スティックのデザインですが、こちらも割と良いほうです。

中には先っぽの光る部分がダサかったり、吸い口が硬いものもありますが、

カミカゼスティックの吸い口は柔らかいです。

それにもう知っている方もいるかもしれませんが、国産リキッドブランドのKAMIKAZE E-JUICEが開発に関わっていますからね。

ちなみにスティックが入っている箱の裏を見ると、

販売している会社が書いてありました▼

会社名 有限会社アペックス
所在地 茨城県古河市下大野1254-4

※ドンキホーテで購入した箱の裏です。関連会社もいくつかありますので上記の会社とは違う可能性もあります。

VAPE自体、僕も勉強中でショップにいっていろいろ話を聞いたり、

自分でいろいろなリキッドを試しています。

もう紙巻たばこには戻れませんね。

電子べイプ/たばこ
紙巻のたばことかIQOS(アイコス)と違い、ニコチンが入っていない、フレーバーのついた蒸気を吸うもの。

・KAMIKAZESTICK

タイプ 使い捨てタイプ
吸える回数 400回くらい
リキッド成分 カフェイン/アミノ酸/ガラナ/マルチビタミン/クエン酸

リキッドの材料ですが、どれも清涼飲料水やエナジードリンク、食品などに使われているものですね。

ドンキホーテでカミカゼスティックをGET

ネットでも買えますが、ドンキホーテで買いました。

アイコスのケースもいっぱい種類がありましたね。プルームテックの販売も始めたようです。

価格は税抜き980円。

ちなみにコンビニでは見たことありません。

もしかしたらですが売っているところはあるかもしれません。

最近ではこういった使い捨てタイプの電子べイプをコンビニで見かけますからね。

ただあんまり種類によっては売れないんですよね。

どんなところで買えるのかざっと一覧にしてみます▼

  • Amazon(アマゾン)
  • 楽天
  • Yahoo!ショッピング
  • 一部たばこ販売店
  • ドンキホーテ

評判も悪くないのでたとえばたまにサイトをのぞくと、売り切れだったりします。

値段は統一されているみたいです。特別に値引きされない限り、どこも一緒です。

カミカゼスティックを開けてみる

どのフレーバーも小さな細長い箱に入っていますが、

箱を開けた時の画像と中に何が入っているのかご紹介します。

写真はカラーがブラックのタバコ味▲

中には使い捨てのスティックがひとつ、そして説明書・保証書が入っています。

使い捨てタイプには珍しく保証書まで入っていてしっかりしている印象です、それにスティックがきちんと梱包されています。

メモ
保証の期間は買ってから1か月間。レシートは購入日を証明できるため、保証が必要となったときは保証書にレシートを添付しないといけません。

PTPシートできちんと梱包されています▲

アルミのシートを破ると本体がでてきます。

最初は両端にキャップが付いています。

ちなみにキャップは両方とも外さないと吸うことはできません。

吸い口はゴム製なのか柔らかいです。

気が利いていますね。

一番先にはLEDランプがあり、吸っている間だけ青く光ります。

先端にキャップがついていると吸えないので注意してください。

繰り返しますが、これ1本で400回吸えます

吸わないときは、吸い口に付属していたキャップを被せておくと、きれいです。

カミカゼスティックのタバコ味を吸ってみた感想

最初に吸ったのがタバコ味。

箱を開けると、心なしかスライスアーモンドのような匂いがしました。

蒸気は少しだけ重め。

それだけに吸いごたえは使い捨てなど同種の電子たばこの中でもあります。

リキッドにはもちろんニコチン・タールは一切入っていません。

ビタミンも入っていますが、VITAFUL/ビタフルとは違った味です。

タバコ味ということですが、

そんなタバコ葉の味はしないです、少なくとも吸っているときは。

何回も吸ったあとに、口の中に少しだけタバコのような味が残る感じですね。

できるだけ、長く、そして蒸気をいっぱい口の中に含むのが美味しく吸うコツです。

スロートキックはありませんし、肺に蒸気を入れても入れなくてもさほど吸いごたえには関係しませんでした。

香ばしい味とほのかな甘みがあり味はなかなかでした。

吸い飽きることもない味です。

紙巻でたとえるとJTが出している”メビウス”に少し味が似ているような気もします。

カミカゼスティックは全6種類のフレーバーあり

カミカゼスティックのフレーバーは6種類。

画像引用元は楽天のWebサイトより

個人的にはアールブル・ピーチティーがイチ押しです。

その次はさきほどのタバコ味。

スーパーハードメンソールはその名のとおり、ひんやり感がつよく、かなりスッキリします。

メガマスカットは吸ってません。

コーヒーは、甘めの味でコーヒー牛乳の味がしました。

甘いけど、飽きの来ない感じで、なかなかいい感じです。

カミカゼスティックはほんとうに400回吸えるか?

僕の友人にもカミカゼスティックを吸ってもらいました。

400回吸えるのかですが、

自分も含め、周りではたしかに400回近く吸えます。

いちいちカウントしましたが、300回目あたりから次第に味が薄くなってきます。

もちろんほんの一部しか計測していませんし、ドンキで買ったものだけで計測しています。

まあ味は最後らへん薄くなるものの、たしかに400回ほどは吸うことは可能です。

ここら辺は吸い方・個人差にもよるという印象です。

まとめ

簡単なレビューでしたが、

同種の使い捨てタイプのべイプが吸えるものの中では優秀ではないでしょうか。

税込みで1000円ちょっと、吸える回数が400回となると、

決して安いというわけではないですが、高くもありませんね。

  • カミカゼスティックは実店舗だとドンキホーテ、ほかネットだとAmazonなどでも買える
  • 国産リキッドを開発するKAMIKAZE E-JUICEがリキッド製造・開発に携わっている
  • カミカゼスティックは充電式で繰り返し使えるものではなく、一本で400回ほど吸ったら終わり
  • 価格は税抜きで980円
  • リキッドは安心の日本製
  • リキッド成分はカフェイン・マルチビタミン・クエン酸など。
  • 保証書もついている(保証してくれる期間は購入から1か月まで)
  • フレーバーは全部で6種類

C-TECの詳細はこちらの画像をタップ▼

国内で販売が開始された日本人向けの人気商品です▼

こちらはTaEcoというべイプ製品/電子タバコです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です